イベントお知らせ

4/18 第2回 しごき染・京友禅最終工程 工場見学会開催のお知らせ

京都の蒸し工場で1軒だけの染色技法「しごき染」
京友禅の華やかさと型染めを融合させた京小紋は、型紙を使用して染められます。

その京小紋の地色を染める染色技法が「しごき染」です。

たくさんの工程を経て染められた反物は、手描き友禅も、型友禅もインクジェットであっても「蒸す」工程があります。

蒸す事によって、染料がより美しく発色し定着します。

蒸した後に、反物についた余分な染料や糊を落とす工程が「水洗」です。
かつては京都市内の河川で行われ、「友禅流し」とも言われ、現在は環境への配慮から、工場内に人工川を作り行っています。

今後も京都の産業として継続していくために、ものづくりの現場を知って頂き、
着物や京都について興味関心を持っていただく事を目的としています。

———————————-

4月18日(木)9:30~11:00
見学料 :1,000円
定員:10名
対象年齢:小学5年生以上

※工場内は滑りやすい箇所や、挽粉などが衣服などに付く箇所もございますので動きやすい服装でお越しくださいませ。

———————————-

【定員に達したため募集は締め切りました】