京の催事記

京の催事記「時代祭」

2018年10月22日に時代祭が行われます。

京都三大祭の一つ、時代祭は1895年(明治28年)平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を盛大に奉祝する行事が起源となっております。

時代行列は、約2,000名・約2キロにわたる行列は、明治維新時代から古い時代へと遡り、延暦時代、最後に御鳳輦の神幸列、及び弓箭組列の順で編成されています。

12時に京都御所をスタートし、14時30分に平安神宮へと参ります。

時代祭のみどころは、なんといっても京都市内の市民が主体となり行われている事ではないでしょうか。

時代祭の参加の有無は、町内会の回覧板で回ってまいります。
当日は早朝より準備を行い、町内の人や子供たちにお披露目をし、スタートである京都御所まで行列となって向かいます。

この日、時代祭に参加される方々に、偶然遭遇できたら嬉しいですよね。

 


 

京友禅最終工程である蒸し工場で一軒だけの技術「しごき染」を継承するブランド
「京小紋 SHIGOKI Online shop」
https://shigoki-kyoto.shop-pro.jp/